大人気!5オンス金貨がコイン市場でトレンドな理由とは?

2020/12/15|著者: アンティークコインタイムズ編集部

 

2020年、大きな盛り上がりを見せたコイン市場。中でも、5オンス金貨は人気を集めており、トレンドとなっています。

なぜ5オンス金貨は注目を浴びているのでしょうか?その秘密は、5オンス金貨の見栄えや希少性などの特徴にあります。

本記事では、5オンス金貨が人気となっている理由や写真と一緒に3つの5オンス金貨をご紹介いたします。

 

アンティークコインメルマガ

 

5オンス金貨がコイン市場で人気の理由

5オンス金貨はなぜ、コイン市場で人気を集めているのでしょうか?

 

大型で見栄えがいい

5オンス金貨は「大型で見栄えがいい」ことが特徴です。500円玉と比べると、およそ3倍ほどの大きさ。5ポンド金貨と比べても、1.5倍の大きさです。これだけ大きいとコインのデザインも映えます。

重さは、約160グラム。500円玉が7グラムなので約23倍。5ポンド金貨と比べても5倍の重さとなっています。

大きくて重さがあればいいかというと、そうではありません。アンティークコインには1キロを超える大きさのものがありますが、ここまで大きいと保管が大変になります。

5オンス金貨は、バランスの良い大きさで邪魔にならず、細かなデザインや質感を楽しむことができるのでおすすめなのです。

 

希少性が高い

5オンス金貨が人気の理由の2つ目は、希少性が高いことです。ジュエリーに詳しい方であればご存知の通りですが、希少性の高さは価格にも反映されるため非常に重要なポイントです。

5オンス金貨の中でも、英国王立造幣局ロイヤルミント(The Royal Mint)から発行されている金貨は、すべて2桁しか発行されていません。そのため、非常に希少性が高くなっています。一部100枚以上製造されているものもありますが、それでも200枚を超えるものは存在していません。

 

1つあたりの値段が高額である

5オンス金貨が人気となっている理由の3つ目は、「価格が高い」という点です。当然、コインの種類や相場によって異なりますが、5オンス金貨は1枚250万円以上の価格がつくことが多いです。

「え、高額のアンティークコインってデメリットじゃないの?」と思う方もいるかもしれませんが、そうとは限りません。

実はアンティークコインを購入する人の中には「まとまった資産を異なる形で保有したい」という思いを持っている人がいます。この場合、あまりにも価格が低すぎると、多くのコインを保有する必要があるので購入や保管に手間がかかります。

一方、1枚250万円以上が通常の5オンス金貨なら、少ない枚数で希少価値を保ちながら保有することができます。これなら手間もかかりません。予算がある人にとっては、1つあたりの値段が高いというのは魅力なのです。

 

5オンス金貨の種類(英ロイヤルミント発行)

5オンス金貨は比較的新しいコインですが、人気が高く、すでにロイヤルミントから多くの種類が製造されています。

モダンコインが掲載されている『COINS OF ENGLAND』という資料によると最初に発行された5オンス金貨は、2012年ロンドンオリンピックの記念コインでした。このコインがとても人気を博したのでしょう。その後、5オンスは定番のコインとなっています。

実際、ブリタニアシリーズは2013年から毎年発行されています。(2015年は『COINS OF ENGLAND』に掲載されていないため、発行されていない可能性もあります。)

他にも、2014年からスタートしたのは干支のシリーズ。これは、毎年20〜50枚ほど製造されています。また、2017年からスタートしたクイーンズビーストシリーズも毎年2〜3種類発行されています。

シリーズ以外にも、記念コインとしていくつかの5オンス金貨が製造されています。以下、年代順に紹介します。

  • 2013年エリザベス女王退官60周年
  • 2015年のプリンセスシャーロットの洗礼記念
  • 2015年エリザベス女王が即位最長記念
  • 2017年エリザベス女王の結婚70年記念
  • 2019年ウナライオン5オンス金貨(65枚発行、すでに1,000万円を超える価値に)
  • 2020年ミュージックレジェンドシリーズ クイーン(50枚)
  • 2020年ミュージックレジェンドシリーズ エルトンジョン(50枚) 

  

5オンス金貨を3つご紹介

ここまで、5オンス金貨が人気の理由やロイヤルミントから発行された5オンス金貨の種類について解説しました。ここでは実際に、以下3つの5オンス金貨について詳しくご紹介します。

  • 2017年クイーンズビーストシリーズ ユニコーンオブスコットランド
  • 2017年クイーンズビーストシリーズ ライオンオブイングランド
  • 2020年 ミュージックレジェンドシリーズ エルトンジョン

 

2017年クイーンズビーストシリーズ ユニコーンオブスコットランド

最初にご紹介するのは2017年に発行されたクイーンビーストシリーズのうちの1つ「ユニコーンオブスコットランド」です。発行枚数は、たった125枚のみ。

このコインに限らず、クイーンズビーストシリーズは動物の筋肉が隆々と表現されており、躍動感あふれるデザインが魅力的です。

ただ1ozや2ozのサイズだとデザインの質感がややわかりづらいです。5ozだと、コインの凹凸がはっきり目視できます。緻密な技巧に感動すること間違いなし。裏面は、エリザベス女王の500ポンドの額面となっています。

 

2017年クイーンズビーストシリーズ ライオンオブイングランド 

2つ目に紹介するのは、同じく2017年クイーンビーストシリーズの「ライオンオブイングランド」です。こちらもユニコーンオブスコットランド同様に発行枚数は125枚です。

生命の躍動感に魅了されるコインです。クイーンビーストシリーズのように凹凸が緻密に施されたコインは、光の当たり方によって様々な表情を見せてくれます。見て愉しむには最適です。

余談ですが、ライオンは、イングランドにおいて「国民」を意味します。世界で一番美しいと言われるアンティークコインの「ウナライオン」にもライオンが描かれていますが、これは「ウナが国民を導く」ということを表現しているのです。

 

2020年 ミュージックレジェンドシリーズ エルトンジョン 5オンス金貨

こちらは幻の5オンス金貨です。実はこのエルトンジョンの5オンス金貨は、ロイヤルミントの公式サイトには載っておらず、多くの人がその存在に気づいていません。

コインが発売される時、最初に近しいディーラーやお得意様に情報が届けられます。エルトンジョンの5オンス金貨は、その段階で全て売り切れてしまったのです。そのため、一般販売はされませんでした。たった50枚しかない希少なコインです。

エルトンジョンのサングラスの部分が、ホログラム加工されている美しいデザイン 。2オンス金貨も同じようにサングラス部分にホログラム加工がされていますが、大ぶりの5オンス金貨の方、よりデザインを楽しむことができます。

 

まとめ:5オンス金貨について知ってみよう

今回は5オンス金貨にフォーカスして解説してみました。5オンス金貨は、2012年に初めて発行されたため、比較的新しいコインです。歴史的には浅いものの、見栄えのよさや希少性、投資しやすいことから非常に人気を集めています。

今回はそんな5オンス金貨の中から、ユニコーンオブスコットランド・ライオンオブイングランド・エルトンジョンの3つを紹介しました。他にも魅力的な5オンス金貨はたくさんあるため、ぜひ調べてみてくださいね。

 

アンティークコインギャラリアでは、アンティークコイン投資に興味をお持ちの方に向けて、「最初の1枚」を見つけるために、特別な情報をメルマガで配信しています。
また会員特典として、ご登録いただいた方全員に「アンティークコインスターターBOOK(PDF)」を無料でプレゼントしています。
ご興味のある方は、いますぐ以下のリンクからメルマガに登録してみてください。

アンティークコインメルマガ

 

タグ: イギリスコイン, アンティークコイン投資/資産運用, YouTube

アンティークコインタイムズ編集部

著者:アンティークコインタイムズ編集部

アンティークコインタイムズ編集部は、アンティークコイン投資をはじめ、世界のあらゆるアンティークコインの歴史やストーリー等を中心に発信しています。アンティークコインの価値や楽しさをより多くの人に伝えられるように、日々良質なコンテンツを作成しています。