アンティークコインの売り方(出口戦略)をご紹介!個人で売買するか、ディーラーに委託するか?

2020/12/12|著者: アンティークコインタイムズ編集部

 

アンティークコインの魅力、それはコインの持つ由来や美しいデザインを楽しみそして必要に応じて換金できるという点でしょう。

アンティークコインを売却する必要になった場合は、どんな点に注意すればよいのかご存知でしょうか。

この記事ではあなたの大切なアンティークコインの出口戦略、最適な売り方について解説いたします。

 

アンティークコインメルマガ

 

アンティークコインの売り方は主に2種類

アンティークコインの売り方は大きく分けて2つあります。

  • 自分でコインを売る
  • 他人に依頼する

どちらにしても重要な点はアンティークコインを高く売却するためには、いつ・どこで・どんな方法で売却するかという売り方のタイミングにあります。以下で、アンティークコインの売り方について解説します。

 

アンティークコインの売り方①:自分でコインを売る

ご自身でアンティークコインを売却する場合の売り方は、大きく分けて2つあります。「アンティークコインのコレクター仲間に売る」方法と「オークション等で売却する」方法です。 

コイン仲間に売る方法

アンティークコインを収集しご自身人脈、身近にアンティークコインコレクターがいて売買を持ち掛ける方法です。メリットは、買い手が見つかりやすく、仲介手数料等の余分なコストが掛からない点。当人同士での個人的売買なので気軽にアンティークコインの売却ができます。 

自分でオークションに出す(ヤフオク、メルカリ)方法

もしあなたのまわりにアンティークコインコレクターやコインを欲しい人がいない場合には、オークションやフリマ(例:メルカリ)などに出品する売り方もあります。やや手間はかかりますが、そのタイミングで適正な値段で売れることが多いので、確実に売りたい場合はこちらの方法も考えられるでしょう。

 

アンティークコインの売り方②:ディーラーにコイン販売を依頼する

アンティークコインの売り方の2つ目は、アンティークコインの業者(ディーラー)へコインの売却を依頼する方法です。

業者(ディーラー)へ委託販売

個人でアンティークコインを売るのが難しいケースだと、アンティークコインのディーラーに依頼してコインを売却してもらうというのが、最も簡単な方法です。

初心者が自分で売り手を探してコインを売る場合、時間やコストがかかりがち。アンティークコイン専門のディーラーに依頼すれば、その人が抱えている顧客にアプローチできたり、専門のサイトで販売をしてくれたりするため、自分で売るよりもはやく、そして適正な価格でコインを売ることができるでしょう。

オークション代行を依頼

アンティークコインは世界中にコレクターがいるため、日本だけでなく海外のオークションに出品してコインを売却するという方法が考えられます。

しかし、あまり経験のない人がオークションに出品するのは非常に難易度が高いのが実情です。そこでおすすめなのがオークション代行を依頼する方法です

オンラインショップを保有しているディーラーやお店では、オークション代行を請け負っているところがあります。オークションへの出品方法や売却タイミング等を心得ているディーラーを見つけられた場合は、オークション代行を検討しても良いでしょう。

 

自分で販売するのと業者に委託するの、どちらが良いか?

アンティークコインをご自身で販売する、または業者であるディーラーへ委託するどちらもメリット・デメリットがあります。 

自分でコインを販売するケース

まず、コレクターが自分でアンティークコインを売却する売り方にはどんなメリット・デメリットについてみていきます。

メリット

コレクターが自分で売却する場合の最大のメリットは、ディーラーやオークション業者への手数料がなく手軽に売却できるという点です。同好のアンティークコインコレクター同士交流を深めながら売ったり買ったりするのも一つの楽しみでしょう。

デメリット

個人でアンティークコインを売却する場合のデメリットは、売る相手を見つけるのが難しいという点です。 

知り合いにコレクターがいない場合、ヤフーオークションやメルカリなどが考えられますが正直あまりメリットはありません。理由は「一般のネットオークションやフリマではアンティークコインを出品しても買い手が少ない」「手数料が10%必要」からです。

2020年11月23日現在ヤフーオークションでアンティークコインと検索すると、35,000件余の出品数が出てきます。定額売却とオークション併せての出品数ですが、入札があるのはそのうち50件程度であり、何時入札が入るかも不明。

また、運よく売却できてもネットオークションサイトへ10%手数料を支払う必要があります。

業者に委託するケース

個人での売却が難しいのであれば、やはりディーラーへ相談するのが一番早い方法です。しかし、このディーラーへ依頼するにもやはりメリット・デメリットがあります。

メリット

自分のアンティークコインを有利に売却したいならディーラーへの相談が第一選択肢になるでしょう。ディーラーがアンティークコインを買い取りされる場合もありますし、持ち込まれたアンティークコインを見て適正な価格相談に応じてくれます。 

また、他のコレクターへ売却した方場合やオークションに出すのが良いか、オークションもいつどのタイミングでどんなオークションへ出品するのが良いのかという総合的な判断を提案してくれます。

ディーラーは世界中のアンティークコインについて、またアンティークコインオークションへの代行依頼を受けています。 

一例としてアンティークコインオークション開催にあたり一つのディーラーである程度の数をまとめて出品できる場合など、手数料を安くしてくれるという大きな利点もあります。

鑑定や郵送などの事務手続きなども一括してお願いできるのも大きなメリットでしょう。

個人でアンティークコインオークションへ持ち込みとなると、オークションでの鑑定を経て出品となりますがそのオークションへの出品があなたのお持ちのアンティークコインにとって最適な場かどうなのかの判断も自分でされることになります。

また先にご案内したとおり、ディーラーでないため手数料の割引などの優遇を受けることも厳しいです。

プロでなければできない判断や国内外のオークションや売却相談と手続きをまとめてお願いできる、これがディーラーへ依頼する最大のメリットです。

デメリット 

アンティークコイン売却をディーラーへ依頼する場合のデメリットとしては、手数料が発生することです。

アンティークコインを売却する場合、ディーラーへ依頼後、中間業者を介するとなると手数料も多くなります。そのため、個人間売買と比べてやや割高になる点がデメリットです。

またオークション自体毎日開催されているものではないので、現金化に際しては余裕をもったお申込みがベストです。

持ち込みから売却までかかる日数としては短期間で1~2か月程度、有利なオークション開催を狙うとなると1年近く時間が必要になる場合もあります。

 

まとめ:アンティークコインの売り方(出口戦略)を理解しよう

アンティークコインの売り方、資産を現金化する重要な手続きです。これまでご紹介してまいりました内容をまとめました。

アンティークコインの売り方としては2つの方法があります。

  • 個人で売却する
  • ディーラーへ依頼する

個人で売却する場合は、手軽に売ることができるコレクター同士の売買以外はネットオークションなど手数料が発生し買ってくれる相手を探すことが難しい点です。

ディーラーへ依頼する場合は、手数料が発生してもオークション出品相談・事務手続きも含め一括でお任せできます。

大切な資産である、アンティークコインを売却するには多くの情報を集め、自分にあった最適な方法を見つけることをご検討されてはいかがでしょうか。

 

アンティークコインギャラリアでは、アンティークコイン投資に興味をお持ちの方に向けて、「最初の1枚」を見つけるために、特別な情報をメルマガで配信しています。

また会員特典として、ご登録いただいた方全員に「アンティークコインスターターBOOK(PDF)」を無料でプレゼントしています。

ご興味のある方は、いますぐ以下のリンクからメルマガに登録してみてください。

 

アンティークコインメルマガ

 

タグ: コインの購入・売却, 収集戦略・コイン選び, YouTube

アンティークコインタイムズ編集部

著者:アンティークコインタイムズ編集部

アンティークコインタイムズ編集部は、アンティークコイン投資をはじめ、世界のあらゆるアンティークコインの歴史やストーリー等を中心に発信しています。アンティークコインの価値や楽しさをより多くの人に伝えられるように、日々良質なコンテンツを作成しています。